精神科領域における評価尺度

精神科領域における評価尺度

精神科領域の診断・治療対象である精神症状の変化は、画像検査や血液検査といった定量的な計測機器を用いた測定方法では評価することができません。そこで、精神症状の重症度や治療薬の有効性などを評価するにあたり、可能なかぎり定量的に測定するための評価尺度が数多く開発され、広く用いられています。

各評価尺度は、評価の対象となる症状や関連する症状や事象などを特定し、それぞれを評価するための項目により構成され、多くは各項目に対してつけられた点数の合計によって評価されます。それにより、原理的に定量化が困難とされるさまざまな精神症状が可能な限り数値化されて評価可能となり、さらに評価者間における共通の物差しとしての役割も果たしています。

評価方法には、主に評価者が被検者を面接して評価を行う「面接者による評価」と、被検者に質問票を渡して被検者自身に評価を記入してもらう「自己記入式」があります。前者は、客観的に評価を行うことができるというメリットがある一方で、評価者によるバイアスを避け均一性を保つためのトレーニングが必要です。後者は、被験者に渡した質問票を記入後に回収するだけの簡便な方法で完結することや、判定者のバイアスがかかりにくいといったメリットがある一方で、被検者が自分の事実に基づかない回答をしてしまう可能性があります。

評価尺度の開発にあたっては、評価者間信頼性や試験-再試験信頼性などの評価が行われ、信頼性が十分にあるかどうかの確認が行われます。また、他言語に展開される場合には、翻訳された評価尺度の信頼性を評価するための検討が行われます。

本ウェブサイトでは、精神科領域において用いられている多数の評価尺度の中から、大規模な臨床試験で用いられているものや、実臨床で実施可能なものをピックアップし、その概要についてご紹介します。日本語版が存在するものについては日本語版の妥当性検証論文等の情報も併記してご紹介します。研究論文を読む際、またはご自身で研究計画を立てる際などにお役立ていただけますと幸いです。
 

 

このコンテンツでは、評価尺度を以下の3種類に分類してご紹介しています。

 

うつ病の状態(重症度など)に関する評価尺度

尺度略号

尺度名

評価方法

所要時間
(目安)

診療報酬点数

詳細

CES-D

Center for Epidemiologic Studies Depression Scale

患者による自己記入式

約10~15分

80点

詳細

HAM-A

Hamilton Anxiety Scale

面接者による評価

約20~30分

該当せず

詳細

HAM-D

Hamilton Depression Rating Scale

面接者による評価

約20分

80点

詳細

IDS

Inventory of Depressive Symptomatology

面接者による評価/患者による自己記入式

約10~15分

該当せず

詳細

MADRS

Montgomery-Åsberg
Depression Rating Scale

面接者による評価

約20~60分

該当せず

詳細

PHQ-9

Patient Health Questionnaire-9

患者による自己記入式

約3分

該当せず

詳細

QIDS

Quick Inventory of Depressive Symptomatology

患者による自己記入式 /面接者による評価

約5~7分

該当せず

詳細

SDS

Self-rating Depression Scale

患者による自己記入式

約10分

80点

詳細

身体症状や副作用、認知機能に関する評価尺度

尺度略号

尺度名

評価方法

所要時間
(目安)

診療報酬点数

詳細

ASEX

Arizona Sexual Experiences Scale

患者による自己記入式

約5分

該当せず

詳細

CPFQ

Massachusetts General Hospital Cognitive and Physical Functioning Questionnaire

患者による自己記入式

約2分

該当せず

詳細

C-SSRS

Columbia-Suicide Severity Rating Scale

面接者による評価

約15~20分

該当せず

詳細

ODQ

Oxford Depression Questionnaire

患者による自己記入式

約20分

該当せず

詳細

POMS®

Profile of Mood States

患者による自己記入式

全項目版:
回答約10分 採点約5分
短縮版:
回答約5分
採点約5分

80点

詳細

SSS-8

Somatic Symptom Scale-8

患者による自己記入式

約3分

該当せず

詳細

VAS

Visual Analog Scale

患者による自己記入式

1分程度

該当せず

詳細

日常生活機能や社会機能およびQOLに関する評価尺度

尺度略号

尺度名

評価方法

所要時間
(目安)

診療報酬点数

詳細

QLDS

Quality of Life in Depression Scale

患者による自己記入式

約5~10分

該当せず

詳細

Q-LES-Q

Quality of Life Enjoyment and Satisfaction Questionnaire

患者による自己記入式

約40~45分

該当せず

詳細

SF-36

MOS 36-Item Short-Form Health Survey

患者による自己記入式

約5~10分

該当せず

詳細

WSAS

Work and Social Adjustment Scale

患者による自己記入式

約3分

該当せず

詳細

免責事項

本コンテンツは、各評価尺度について引用をもとに要約したものです。掲載する情報には、第三者による情報や他のウェブサイトへのリンクを通じてもたらされる情報が含まれることがあります。ルンドベック・ジャパン株式会社は、第三者が提供する情報や、当社がリンクを提供するその他のウェブサイトのコンテンツは管理しておらず、それらについて責任を負いません。情報に関しては、ページに記載している連絡先へお問い合わせください。

Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country