HAM-A(Hamilton Anxiety Scale)

用途

不安症状の重症度を評価
 

診療報酬点数

該当せず
 

評価方法

面接者による評価
 

評価項目

  1. 不安気分
  2. 緊張
  3. 恐怖
  4. 不眠
  5. 知的能力の変化
  6. 抑うつ気分
  7. 身体症状(筋肉系)
  8. 身体症状(感覚系)
  9. 心血管系症状
  10. 呼吸器症状
  11. 胃腸症状
  12. 生殖器・泌尿器系症状
  13. 自律神経症状
  14. 面接時に示す行動

 

概要

■HAM-Aとは

HAM-Aのオリジナルは、1959年にHamiltonにより開発された、不安に関連する症状14項目から構成される評価尺度である1。パニック障害、社会不安障害、全般性不安障害などの不安障害を評価可能であり、強迫性障害や解離性・転換性障害は含まないことに注意が必要である。当初はアンカーポイントの具体的設定がなかったが、後にBrussらにより構造化面接であるHARS-IGが開発され2、その日本語版が大坪らにより作成された3。さらにその後、Shearらにより構造化面接SIGH-Aが開発されており4、その日本語版が稲田らにより作成された5
 

HARS-IG :Hamilton Anxiety Rating Scale-Interview Guide
SIGH-A:Structured Interview Guide for the Hamilton Anxiety Scale

 

■評価方法

各項目は0~4点の5段階で評価し、その合計点数(0~56点)で評価する。重症度は以下のように判定する6

・  0~  7点 症状なし~かなり軽度
・  8~14点 軽度
・15~23点 中等度
・24~56点 重度
 

■評価時間

約20~30分
 

連絡先

 

評価尺度一覧へ戻る

 

うつ病の状態(重症度など)に関する他の評価尺度を見る

免責事項

本コンテンツは、各評価尺度について引用をもとに要約したものです。掲載する情報には、第三者による情報や他のウェブサイトへのリンクを通じてもたらされる情報が含まれることがあります。ルンドベック・ジャパン株式会社は、第三者が提供する情報や、当社がリンクを提供するその他のウェブサイトのコンテンツは管理しておらず、それらについて責任を負いません。情報に関しては、ページに記載している連絡先へお問い合わせください。

参考文献
  1. Hamilton M. Br J Psychiatry. 1959;32:50-55.
  2. Bruss GS, et al. Psychiatry Res. 1944;53:191-202.
  3. 大坪天平, ほか. 臨床精神薬理. 2005;8:1579-1593.
  4. Shear MK, et al. Depress Anxiety. 2001;13:166-178.
  5. 稲田俊也, ほか. OPRS-IV客観的精神科評価尺度ガイド.  第4版. 株式会社じほう. 2016; pp78. 
  6. Matza LS, et al. Int J Methods Psychiatr Res. 2010;19:223-232.
Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country