PDQ-D-5(Perceived Deficits Questionnaire – Depression 5 item)

用途

うつ病患者における認知機能の評価
 

診療報酬点数

該当せず
 

評価方法

患者による自己記入式
 

評価項目

  • 注意/集中
  • 後方視的記憶
  • 前方視的記憶
  • 計画/組織
     

概要

■PDQ-D5について

PDQ-D5は、PDQ-D の簡易版である。PDQ-Dは、うつ病患者における認知機能を評価するために開発された、20項目から構成される自己記入式の評価尺度である1。総スコアと4つのサブスコア(注意/集中、回想的記憶、展望的記憶、および計画/組織)を算出する。 後に、20項目から5項目を抜粋して構成されるPDQ-D-5が作成された2。PDQ-D5は日常臨床下においてスクリーニングや認知機能の変化をモニターするのに使用可能である。また、抑うつ症状の評価尺度とともに使用することにより、治療効果を評価するのにも役立つと考えられている。
なお、PDQ-Dは、もともと多発性硬化症患者を対象に開発されたPDQを、うつ病患者向けに適合させたものである。
 

■評価方法

各質問に対して、5段階(まったくなかった~非常に頻繁にあった)で評価する。
 

■評価時間

約5分
 

連絡先

Mapi Research Trust PROVIDE™:
https://eprovide.mapi-trust.org/instruments/perceived-deficits-questionnaire-depression
27 rue de la Villette, 69003 Lyon France
Phone: +33 (0)4 72 13 66 66

 

評価尺度一覧へ戻る

 

身体症状や副作用、認知機能に関する他の評価尺度を見る

免責事項

本コンテンツは、各評価尺度について引用をもとに要約したものです。掲載する情報には、第三者による情報や他のウェブサイトへのリンクを通じてもたらされる情報が含まれることがあります。ルンドベック・ジャパン株式会社は、第三者が提供する情報や、当社がリンクを提供するその他のウェブサイトのコンテンツは管理しておらず、それらについて責任を負いません。情報に関しては、ページに記載している連絡先へお問い合わせください。

参考文献
  1. Fehnel SE, et al. CNS Spectr. 2016;21:43-52.0
  2. Cha D. Perceived Deficits Questionnaire – Depression, 5-item (PDQ-D-5). In R. McIntyre (Ed.), Cognitive Impairment in Major Depressive Disorder: Clinical Relevance, Biological Substrates, and Treatment Opportunities (pp. 248-256). Cambridge: Cambridge University Press. 2016. doi:10.1017/CBO9781139860567.018.
Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country