C-SSRS(Columbia-Suicide Severity Rating Scale)

用途

うつ病患者における自殺企図の評価
 

診療報酬点数

該当せず
 

評価方法

面接者による評価
 

評価項目

自殺念慮
自殺念慮の度合い
自殺行動
「自殺企図」があった場合の致死性
 

概要

■C-SSRSについて

C-SSRSは、うつ病患者における自殺企図を評価するために開発された面接者評価による評価尺度である1。ただし、自殺念慮と自殺行動の領域を区別するように設計されており、自殺念慮の重症度と度合い、自殺行動(自傷行為を含む)、および自殺行動の致死性について評価する。
 

■評価方法

自殺念慮(5段階で評価する)

1 =死んでしまいたいという願望
2 =積極的な自殺念慮-具体性なし
3 =積極的な自殺念慮-自殺方法の考えあり(計画はなし)、実行する意思なし
4 =積極的な自殺念慮-実行する意思が多少あるが、具体的計画性はない
5 =積極的な自殺念慮-具体的な計画および実行する意思あり

自殺念慮の度合い(5項目で評価する)

  • 頻度
  • 持続時間
  • 制御
  • 抑止要因
  • 自殺念慮の理由

自殺行動(5項目で評価する)

  • 行動の実施
  • 行動の中止
  • 自殺の試みを中止
  • 自殺の準備
  • 自殺に至らない自傷行為

「自殺企図」があった場合の致死性

  • 実際の致死性/肉体的損傷:(6段階で評価する)

 0 = 肉体的損傷なし、または極めて軽度の肉体的損傷 ~ 5 = 死亡

  • 致死可能性:実際の致死性/肉体的損傷=0の場合のみ回答(3段階で評価する)

 0 = 肉体的損傷を負う可能性の低い自殺行動 ~ 2 = 治療を施しても、死に至る可能性の高い自殺行動
 

■評価時間

約15~20分
 

連絡先

The Columbia Lighthouse Project:https://cssrs.columbia.edu/

Contact:Dr. Kelly Posner. 
Email:Kelly.Posner@nyspi.columbia.edu
TEL:+1-646-286-7439

 

評価尺度一覧へ戻る

 

身体症状や副作用、認知機能に関する他の評価尺度を見る

免責事項

本コンテンツは、各評価尺度について引用をもとに要約したものです。掲載する情報には、第三者による情報や他のウェブサイトへのリンクを通じてもたらされる情報が含まれることがあります。ルンドベック・ジャパン株式会社は、第三者が提供する情報や、当社がリンクを提供するその他のウェブサイトのコンテンツは管理しておらず、それらについて責任を負いません。情報に関しては、ページに記載している連絡先へお問い合わせください。

参考文献
  1. Posner K, et al. Am J Psychiatry 2011;168:1266-1277.
Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country