GAS-D(Goal Attainment Scale for Depression)

用途

目的達成を評価
 

診療報酬点数

該当せず
 

評価方法

患者による自己記入式
 

評価項目

目標達成度
 

概要

■GAS-Dとは

GASは、1968年にKiresukらにより開発された、目標達成度を5段階で評価する評価方法である1。患者の目標と視点を考慮することの重要性が高まり、患者と医療従事者が協力して治療目標を設定し、その治療目標に向けた進捗状況を測定するために開発された。個々の患者における問題を特定し、それに対するSMART(Specific, Measurable, Attainable, Realistic, Time-bound)な治療目標を設定する。そして、その目標に対して5段階の達成度(ベンチマーク)を設定して評価する。このような目標達成度を評価する試みは、数々の臨床試験において用いられてきたが、近年までうつ病の領域においては用いられていなかった。そこで、同アプローチをうつ病患者に適応させたGAS-Dが作成された2。GAS-Dは、うつ病患者を対象とした臨床試験においても用いられるようになり、また日常臨床においてもその有用性が期待されている3,4
 

■評価方法

目標の達成度を5段階(+2:想定よりもとても良かった~-2:想定よりもとても悪かった)で評価する。
 

■評価時間

目標設定時:30~45分
達成度評価時:約10分
 

連絡先

Takeda Pharmaceuticals U.S.A, Inc.
Contact: Maggie McCue, M.S., R.D.
Email: maggie.mccue@takeda.com

 

評価尺度一覧へ戻る

 

日常生活機能や社会機能およびQOLに関する他の評価尺度を見る

免責事項

本コンテンツは、各評価尺度について引用をもとに要約したものです。掲載する情報には、第三者による情報や他のウェブサイトへのリンクを通じてもたらされる情報が含まれることがあります。ルンドベック・ジャパン株式会社は、第三者が提供する情報や、当社がリンクを提供するその他のウェブサイトのコンテンツは管理しておらず、それらについて責任を負いません。情報に関しては、ページに記載している連絡先へお問い合わせください。

参考文献
  1. Kiresuk TJ, et al. Community Ment Health J. 1968;4:443-453.
  2. McCue M, et al. Neurol Ther. 2019;8:167-176.
  3. Parikh SV, et al. May 2017. Goal Attainment Scale for Depression. Presented at the American Society of Clinical Psychopharmacology, Miami, Florida.
  4. McCue M, et al. 2018. ‘Personalized goal attainment after a switch to vortioxetine in adults with major depressive disorder (MDD): results of a phase 4, open-label clinical trial’, Presented at US Psychiatric and Mental Health Congress. Orlando, FL.
Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country