VAS(Visual Analog Scale)

用途

症状の評価
 

診療報酬点数

該当せず
 

評価方法

患者による自己記入式
 

評価項目

症状の強さを0(症状なし)~10または100(想像できる最大の症状)で評価する
 

概要

■VASとは

VASは、患者の主観的な症状を定量的に評価するために広く用いられている手法である。臨床では、主に痛みの評価において広く用いられている。VASの痛みの評価と類似したものに、Face Rating Scale(FRS)1があり、イラストで示した表情(笑顔~苦痛の表情)のうち、現在の痛みがどの表情に当てはまるかを示してもらう評価方法もある。小児や高齢者にとって簡便な評価方法である。
 

■評価方法

痛みの評価に用いる場合、長さ10cm(100mm)の直線の左端を0(痛みなし)、右端を10(100)(想像できる最大の痛み)とし、この視覚的なスケールを用いて現在の痛みがどの程度かを示してもらう。
 

■評価時間

1分程度
 

■参考情報

一般的にVASは痛みの評価に用いられることが多いが、抗うつ薬の臨床試験2では、患者の全般的健康度を評価(0:想像できる最悪の健康状態~100:想像できる最高の健康状態)するために用いられるなど、応用されている
 

連絡先

許諾の必要なく使用可能

 

評価尺度一覧へ戻る

 

身体症状や副作用、認知機能に関する他の評価尺度を見る

免責事項

本コンテンツは、各評価尺度について引用をもとに要約したものです。掲載する情報には、第三者による情報や他のウェブサイトへのリンクを通じてもたらされる情報が含まれることがあります。ルンドベック・ジャパン株式会社は、第三者が提供する情報や、当社がリンクを提供するその他のウェブサイトのコンテンツは管理しておらず、それらについて責任を負いません。情報に関しては、ページに記載している連絡先へお問い合わせください。

参考文献
  1. 濱口眞輔. 日臨麻会誌. 2011;31:560-569.
  2. François C, et al. Curr Med Res Opin. 2017;33:1057-1066.
Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country