POMS®(Profile of Mood States)

用途

気分状態の評価
 

診療報酬点数

80点
 

評価方法

患者による自己記入式
 

評価項目

版元指示に準じ、非公開
 

概要

■POMS®について

POMS®は、気分や感情を主観的側面から評価するために1971年に開発された、65項目から構成される自己記入式の評価尺度である1。日本語版は、横山らによって作成された2。2012年、POMS®の改訂版であるPOMS2®が作成され3、その日本語版も、横山らによって作成された4
POMS2®は、従来の「抑うつ~落込み」、「活気~活力」、「怒り~敵意」、「疲労~無気力」、「緊張~不安」、「混乱~当惑」に、新たに加えられた「友好」(7項目)と、ネガティブな気分状態を総合的に表す「TMD(total mood disturbance)得点」に基づいて、気分状態を評価する。対象年齢18歳以上の成人用と、対象年齢13~17歳の青少年用があり、それぞれに短縮版がある。短縮版は、短時間で評価可能であるため、被検者の負担が軽減され、時間が限られている場合などに活用できる。
 

■評価方法

版元指示に準じ、非公開
 

■評価時間

全項目版:回答約10分 採点約5分
短縮版:回答約5分 採点約5分
 

連絡先

株式会社金子書房:https://www.kanekoshobo.co.jp/

〒112-0012 東京都文京区大塚3-3-7
Phone: 03-3941-0111(代表)

 

評価尺度一覧へ戻る

 

身体症状や副作用、認知機能に関する他の評価尺度を見る

免責事項

本コンテンツは、各評価尺度について引用をもとに要約したものです。掲載する情報には、第三者による情報や他のウェブサイトへのリンクを通じてもたらされる情報が含まれることがあります。ルンドベック・ジャパン株式会社は、第三者が提供する情報や、当社がリンクを提供するその他のウェブサイトのコンテンツは管理しておらず、それらについて責任を負いません。情報に関しては、ページに記載している連絡先へお問い合わせください。

参考文献
  1. McNair DM, et al. Manual for the Profile of Mood States. San Diego, CA: Educational and Industrial Testing Services. 1971
  2. 横山和仁, ほか. 日本語版POMS手引. 金子書房. 1994.
  3. Heuchert JP, McNair DM: POMS 2 ®: Profile of Mood States Second Edition. Tonawanda: Multi-Health Systems Inc., 2012.
  4. 横山和仁, ほか. POMS2日本語版マニュアル. 金子書房. 2015.
Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country