未治療のうつ病および双極性うつ病や統合失調症など精神障害患者の自殺の問題について-樋口輝彦先生

樋口輝彦先生(国立精神・神経医療研究センター 名誉理事長/一般社団法人日本うつ病センター 名誉理事長)

インタビュー(取材、撮影):ルンドベック・ジャパン Progress in Mind Japan RC
取材日:2019年10月13日
取材場所:AsCNP2019(2019年10月11~13日、於・福岡)会場内会議室

Progress in Mind Japan Resource Centerは、会員の皆様が安心して自由に意見交換できる場を提供することを目指しています。
本コンテンツに登場する先生方には、Progress in Mind Japan Resource CenterのWebコンテンツ用の取材であることを事前にご承諾いただいたうえで、弊社が事前に用意したテーマに沿ってご意見・ご見解を自由にお話しいただき、可能な限りそのまま掲載しています。
お話の内容は、すべての患者様や医療従事者に当てはまるものではなく、またそれらの内容は弊社の公式見解として保証するものではありません。

参考文献

S6-H-1:Bertolote J.M., 精神医学, 2007; 49; 547-552
S6-H-2:厚生労働省、平成30年自殺対策白書
S6-H-3:Spicer R.S., Miller T.R., Am J Public Health, 2000; 90; 1885-1891.
S6-H-4:Kawanishi C., et al., Lancet Psychiatry. 2014;1(3):193-201

Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country