うつ病に対する社会的偏見は2006年から2018年にかけ減少



提供元:AJ Advisers LLCヘルスデージャパン

うつ病に対する社会のスティグマ(差別や偏見)が減少したとする研究結果が、「JAMA Network Open」に2021年12月21日に掲載された研究1で明らかにされた。

米インディアナ大学のBernice A. Pescosolidoらは、US National Stigma Studies(US-NSSs)で収集されたデータを用いて、精神疾患に対して抱かれているいくつかのスティグマについて、その傾向や集団ベースで見た変化の大きさを調べた。US-NSSsでは、1996年に鉛筆・紙媒体を用いて対面式の面接が、2006年と2018年にはコンピュータを用いた形式の面接が実施された。調査では、統合失調症・大うつ病性障害(以下、うつ病)・アルコール依存症の3つの精神障害それぞれにつき、DSM-4の基準を満たす症状・行動を伴う架空の人物と、対照として日常的な悩みを抱えた人物を提示して、これらの人物に対する対象者の反応を求めた。質問の内容は、これら精神障害の原因はそれぞれ何と考えるか、精神障害者は危険(他者に危害を及ぼす)であると考えるか、精神障害者に拒絶感(社会的距離を置きたい)を抱くか、などであった。最終的に対象とされた4,129人(1996年から1,438人、2006年から1,520人、2018年から1,171人)の平均年齢は44.6歳(標準偏差16.9)で、2,255人(54.6%)が女性であった。対象者の年齢、性別、人種/民族、教育水準は、米国国勢調査のデータと概ね一致していた。各調査年の間に変化した社会人口学的因子を調整するため、ロジスティック回帰モデルを使用して解析した。

まず、精神障害の原因についての結果は、遺伝的要因が関係すると考える者が、1996年から2006年にかけて増加していた(統合失調症11.8%増、P=0.006;うつ病13.0%増、P=0.003;アルコール依存症10.9%増、P=0.014)。原因として社会的要因と道徳的要因を挙げる人は比較的少なく、かつ1996年から2018年にかけての、これらの変化は小さかったものの、アルコール依存症については、「性格の問題」を挙げる人が18.2%増加していた(P=0.001)。次に、「危険と考えるか」について見たところ、統合失調症が危険と考える人は15.7%増えていた(P=0.001)。

拒絶感については、統合失調症とアルコール依存症では、大きな変化は認められなかった。これに対し、うつ病では、2006年から2018年の間に、うつ病患者と社会的距離を置きたいとする人が減少した。状況別の減少の程度は、「一緒に仕事をしたくない」18.1%減(P=0.000)、「仲良く交際したくない」16.7%減(P=0.000)、「友人になりたくない」9.7%減(P=0.004)、「結婚して家族の一員になってほしくない」14.3%減(P=0.003)、「グループホームの近くに住みたくない」10.4%減(P=0.018)であった。

回答者の年齢、性別、人種/民族、教育水準などの因子別にサブグループ解析したところ、若年者、高齢者それぞれ、回答の傾向は調査年によらずほぼ同等であった。高齢者は、1996年、2006年、2018年のいずれの時点でも、うつ病患者が結婚の結果家族の一員になることを好まなかった(それぞれ62%、58%、43%、いずれもP=0.01)。また、高卒以下の教育水準の者は、うつ病患者が、2018年では近所に住むことを好まず(18%、P=0.05)、2006年では家族と結婚することを好まなかった(58%、P=0.02)。

著者らは、「うつ病に対するスティグマは減っており、同時に、統合失調症・うつ病・アルコール依存症全てにつき、原因は神経生物学的なものと考える者が増えていた。このことを踏まえ、うつ病に対するスティグマが減った要因は何か、また、統合失調症とアルコール依存症では減っていないのはなぜかを探るべきだ。精神疾患は、世界レベルでの疾病負荷に大きく寄与していることから、現在の科学の限界を突き破るような方策を取ることで、市民の健康を良い方向へ持っていけるだろう」と述べている。

なお、複数の著者が製薬企業との利益相反(COI)に関する情報を明らかにしている。(HealthDay News 2021年12月21日)。

Copyright © 2022 HealthDay. All rights reserved.

Photo Credit: Adobe Stock

※本コーナーの情報は、AJ Advisers LLCヘルスデージャパン提供の情報を元に掲載しており、著作権法により保護されております。個人的な利用以外の目的に使用すること等は禁止されていますのでご注意ください。

参考文献
  1. Pescosolido BA, et al. JAMA Network Open. Published online December 21, 2021. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2021.40202
Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country