精神障害はCOVID-19による死亡リスクの上昇に関与



提供元:AJ Advisers LLCヘルスデージャパン

精神障害を有する者では、精神障害がない者に比べて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死亡リスクが高いことが、「JAMA Psychiatry」に2021年7月27日発表されたレビュー1で明らかになった。

エクス・マルセイユ大学(フランス)のGuillaume Fondらは、精神障害とCOVID-19との関連を検討した研究論文を対象に、システマティックレビューとメタアナリシスを実施。精神障害の有無でCOVID-19による死亡リスクを比較検討した。分析にはランダム効果モデルを用いて、精神障害を有する場合のCOVID-19による死亡の、統合した粗オッズ比(OR)と調整OR、およびそれぞれの95%信頼区間(CI)を算出した。また、研究間の異質性についても、CochranのQ検定とI2検定で評価を行った。

基準を満たした研究は世界7カ国で実施された16件(デンマーク1件、フランス2件、イスラエル1件、韓国3件、スペイン1件、英国1件、米国7件)で、精神障害を有する者19,086人が対象であった。これらの研究は2019年12月から2020年7月の間に実施されたもので、Newcastle-Ottawa Scale(NOS)による評価ではいずれも質が高く、またファンネルプロットで出版バイアスは確認されなかった(Egger検定、P>0.05)。

精神障害がない者と比べ、有する者では、COVID-19の死亡リスクの増加が見られ、統合した粗ORは1.75(95%CI 1.40-2.19、P<0.001、I2=26.1%)、調整ORは1.38(同1.15-1.65、P<0.05、I2=0%)であった。さらに、重度の精神障害(統合失調症スペクトラム障害、双極性障害)患者を対象にした研究結果を統合したところ、粗ORは2.26(同1.18-4.31、P<0.001、I2=55.5%)、調整ORは1.67(同1.02-2.73、P=0.04、I2=27.3%)と、リスクはさらに上昇していた。

著者らは、「この研究により、精神障害はCOVID-19による死亡リスクの上昇と関連していたことが明らかになった。精神障害を有する患者は、COVID-19重症化の恐れがあるハイリスク集団として、感染予防および疾患管理を徹底して行う必要がある」と述べている。(HealthDay News 2021年7月28日)

Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.

※本コーナーの情報は、AJ Advisers LLCヘルスデージャパン提供の情報を元に掲載しており、著作権法により保護されております。個人的な利用以外の目的に使用すること等は禁止されていますのでご注意ください。

参考文献
  1. Fond G, et al. JAMA Psychiatry. Published online July 27, 2021. doi: 10.1001/jamapsychiatry.2021.2274
Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country