COVID-19パンデミックに伴う精神障害、一般集団でも高頻度に



提供元:AJ Advisers LLCヘルスデージャパン

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックに伴う抑うつや不安、不眠といった精神障害は、国や性別に関わらず高頻度に見られるとするシステマティック・レビューの結果が、オタワ大学(カナダ)のJude Mary Cénatらにより「Psychiatry Research」1に1月号に発表された。

感染症のアウトブレイクにより感染回復者や家族、医療従事者、流行地域の住民に精神衛生上の問題が起こることは、過去に実施されたさまざまな研究で報告されている2-6。今回、Cénat氏らは、COVID-19が人々のメンタルヘルスに及ぼした影響を調べるべく、システマティック・レビューとメタアナリシスを実施した。具体的な目的は、1)一般集団における抑うつ、不安、不眠、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、精神的苦痛の有病率、さらに、これら精神障害の有病率が、2)医療従事者か否か、3)男性と女性、4)国によって、で違いがあるか、について明らかにすることであった。

MedlineやEmbaseなど6つのデータベースに2020年5月12日までに発表され、重複を除いた2,189件の研究論文が特定され、そのうち基準を満たした55件の査読済みの研究論文(解析対象者の総計は189,159人)のデータを用い、COVID-19に伴う抑うつ、不安、不眠、PTSD、精神的苦痛の有病率について、システマティックレビューおよび(ランダム効果)メタ解析を行った。これらの研究のうち大半を占める45件が中国で実施されていたため、国については、中国及びその他の国という観点で検討した。また、一般集団を対象にしたものは41件で、それ以外は医療従事者を対象にしたものであった。

その結果、対象者全体における抑うつの有病率(k=41)は15.97%(95%信頼区間13.24-19.13%)、不安(k=54)は15.15%(同12.29-18.54%)、不眠(k=14)は23.87%(同15.74-34.48%)、PTSD(k=13)は21.94%(同9.37-43.31%)、精神的苦痛(k=19)は13.29%(同8.80-19.57%)であった。不眠の有病率は非医療従事者(k=8)で16.45%(同8.39-29.74%)であったのに対して、医療従事者(k=6)では36.52%(同32.99-40.20%)と有意に高かった(z=2.69、P<0.05、Wald検定)。これ以外の精神障害については、性別や国などのサブグループ間で有意差は認められなかった。

WHO(世界保健機関)において、一般的な精神障害の有病率は、抑うつで4.4%、不安で3.6%、PTSDで4%と報告されている7,8。これらと比較して、今回の検討でのCOVID-19に伴う精神障害の有病率は、抑うつは3倍以上、不安は約4倍、PTSDは約5倍高かった。

著者らは、「COVID-19のパンデミックは性別、職業、地域にかかわらず、関係する人々のメンタルヘルスに多大な影響を与えていることが判明した。特に、医療従事者においては、パンデミックが終息した後になって重篤な精神障害を来す恐れもあるため、経過を長期に渡って追うような調査が必要だろう」と述べている。(HealthDay News 2021年1月5日)

Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.

※本コーナーの情報は、AJ Advisers LLCヘルスデージャパン提供の情報を元に掲載しており、著作権法により保護されております。個人的な利用以外の目的に使用すること等は禁止されていますのでご注意ください。

参考文献
  1. Cénat JM, et al. Psychiatry Research 2021 January; 295: 113599.
  2. Cénat, JM, et al, Public Health. 2020 Aug;185:4-5. https://doi.org/10.1016/j.puhe.2020.05.017 (2021年4月6日閲覧).
  3. Cénat, JM, et al. J. Journal of Psychosomatic Research 2020 Feb 13;131:109966. https://doi.org/10.1016/j.jpsychores.2020.109966(2021年4月6日閲覧).
  4. Keita MM, el al. Depressive symptoms among survivors of Ebola virus disease in Conakry (Guinea): preliminary results of the PostEboGui cohort. BMC Psychiatry 2017 April 4;17(1):127. 127. https://doi.org/10.1186/s12888-017-1280-8 (2021年4月6日閲覧).
  5. Lehmann M, et al. Emerging Infectious Diseases 2015 May;21(5):913-4. https://doi.org/10.3201/eid2105.141988 (2021年4月6日閲覧).
  6. Mohammed A, et al. BMC Public Health 2015 August 27;15:824. https://doi.org/10.1186/s12889-015-2167-6 (2021年4月6日閲覧).
  7. Kessler R.C.et al, European Journal of Psychotraumatology 2017 October 27;8(sup5):1353383, https://doi.org/10.1080/20008198.2017.1353383(2021年4月13日閲覧).
  8. Liu H et al, JAMA Psychiatry 2017;74(3):270-281. https://doi.org/10.1001/jamapsychiatry.2016.3783 (2021年4月13日閲覧).
Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country