統合失調症では不眠症が自殺念慮や精神症状の重さに関連



提供元:AJ Advisers LLCヘルスデージャパン

統合失調症においては、不眠症が、現在の自殺念慮、重い精神症状、および過去数カ月の自殺未遂と関連していることが、「Journal of Clinical Psychiatry」2021年5/6月号に掲載された論文1で明らかになった。

米ジョージア医科大学のBrian J. Millerらは、2001年1月から2004年12月にかけて実施された臨床試験Clinical Antipsychotic Trials of Intervention Effectiveness(CATIE)に参加した1,493人の統合失調症患者(DSM-Ⅳ)のデータを用いて、横断的研究により、現在の不眠症(入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒に分類)が、過去2週間の自殺念慮、過去6カ月間の自殺未遂、および現在の精神症状とどのように関連しているかについて分析した。

対象者の試験開始時点の睡眠障害について、早朝覚醒はカルガリー統合失調症用うつ病尺度(Calgary Depression Scale for Schizophrenia;CDSS)の9項目のうちの第7項目「早朝覚醒:普段より、朝早く目が覚めることはありませんか。それは1週間に何日ありますか。」により、また、入眠障害と中途覚醒については、「入眠する/眠り続けることが困難ですか。」という質問により確認した。自殺念慮については、CDSSの第8項目「自殺:生きてても仕方ないと思ったことはありますか。今までに死のうと思ったことはありますか。どのような方法を考えましたか。実際に死のうとしたことはありますか。」により確認し、過去6カ月間での自殺未遂については対象者の自己報告により評価した。精神症状については、試験開始時に陽性・陰性症状評価尺度(PANSS, Positive and Negative Syndrome Scale;陽性尺度、陰性尺度、総合精神病理尺度の3サブスケールから成る)で測定した。

ロジスティック回帰モデルにより複数の交絡因子の影響を調整したところ、早朝覚醒があると現在の自殺念慮のリスクが有意に高く〔オッズ比(OR)2.7、95%信頼区間(CI)2.0-3.6、P<0.001〕、入眠障害および中途覚醒があると過去6カ月間の自殺未遂リスクが有意に高かった(同5.5、1.4-21.1、P=0.013)。また、線形回帰モデルによる分析で早朝覚醒との間に有意な関連が見られたのは、PANSSの合計点(β=0.120、P<0.001)、陽性尺度の点数(β=0.107、P<0.001)、および総合精神病理尺度の点数(β=0.139、P<0.001)であった。

著者らは「不眠症を標準的なスケールなどで評価すれば、統合失調症の症状の重さの指標となり得るし、また現場で診療に当たる際に自殺念慮を抱くことや自殺行動に走ることを示唆するものとして意義を有すると考えられる。今回の結果により、このことに対するエビデンスが、また新たに加わったものと考えている」と述べている。(HealthDay News 2021年4月14日)

Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.

※本コーナーの情報は、AJ Advisers LLCヘルスデージャパン提供の情報を元に掲載しており、著作権法により保護されております。個人的な利用以外の目的に使用すること等は禁止されていますのでご注意ください。

参考文献
  1. Miller BJ, et al. The Journal of Clinical Psychiatry 2021; 82(3):20m13338. doi: 10.4088/JCP.20m13338
Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country