米国ではCOVID-19パンデミック中に重度の精神的苦痛を抱える人が増大



提供元:AJ Advisers LLCヘルスデージャパン

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック中に重度の精神的苦痛を抱えていた人の割合は、前年中にその割合が最高であった2019年2月のレベルに匹敵することが、「Preventive Medicine」に2020年12月31日掲載された論文1で明らかにされた。

米ランド研究所(RAND Corporation)のJoshua Breslauらは、COVID-19パンデミックが精神的苦痛に及ぼした影響を検討すべく、米国の20歳以上の成人の状況を代表していると考えられるRand American Life Panel(ALP)のデータを用いて、2019年2月(T1)および2020年5月(T2)での精神的苦痛の状態を比較した。T1の調査参加者の数は2,555人であり、このうちの73%に当たる1,870人がT2での調査にも参加した。

精神的苦痛の評価には、Kessler-6を用いた。これは過去1カ月間における不安や抑うつ状態を測る尺度で、6項目の質問から成る。そのスコアに従い、既に確立されているカットオフ値を用いて、精神的苦痛の程度を、0〜7点はなし/低い(LD)、8〜12点は軽度/中等度(MD)、13〜24点は重度(SD)とした。T1でのスコアとT2でのスコアを比較し、T1でのLDがT2でMDまたはSDになった場合、あるいはT1でのMDがT2でSDとなった場合を、「精神的苦痛が増大した」と判定した。

T2で過去30日の間にSDだった人の割合は、過去1年で精神的苦痛を経験した人の割合が最も高かったT1と同程度であることが判明した。例えば、SDと評価された人の割合は、T1で10.9%〔95%信頼区間(CI)7.6-14.0%〕であったのに対し、T2では10.1%(同6.9-13.3%)であった。

精神的苦痛の程度が個人内でどう変動したかをみたところ、パンデミック中の精神的苦痛の程度は、T1期の精神的苦痛の程度と強く相関することが明らかになった(χ2(4) = 174.6、P<0.0001)。T1でLDまたはMDだった人のうちT2でSDとなったのは、それぞれ17.8%および3.2%だったのに対し、T1でSDだった人がT2でもSDだった割合は47.9%に上った。

精神的苦痛が増大したと判定された人の割合は、全体で12.8%(95%CI 9.9-15.7%)であった。ロジスティック回帰モデルを使った解析では、精神的苦痛の増大に関わる要因として、性別〔男性を1とした場合〕、女性の調整オッズ比(aOR)は1.87(95%CI 1.1〜3.1)(p=0.035)、年齢(60歳以上を1とした場合、20〜39歳でaORは2.4(1.4-4.2)、40〜59歳でaOR 1.7(1.0-2.8)(p=0.004)、世帯収入〔10万ドル(1ドル=104円で換算;約1040万円)以上を1とした場合〕35,000〜60,000ドル(約3,630,000〜6,220,000円)でのaORは2.2(1.0-4.6)であった(p=0.378)。また、調査地域については、ニューイングランドを1とした場合、南部でaOR 0.4(0.2-0.8)、中西部でaOR 0.6(0.3-1.2)、西部でaOR 0.8(0.4-1.6)であった(p=0.068)。

著者らは、「米国では従来から、災害により人々の精神的苦痛が高まることは経験されていた。しかし、この精神的苦痛というものが、米国全土において延々と続く厄介なものとは考えられてはいなかった。だが今回は違う。ソーシャルディスタンスという対策により経済的なダメージを被る人々など、パンデミック中に精神的苦痛が増大するリスクが高い集団に対しては、行政がさまざまな方策を考えてしかるべきだろう」と述べている。(HealthDay News 2021年1月6日)

Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.

※本コーナーの情報は、AJ Advisers LLCヘルスデージャパン提供の情報を元に掲載しており、著作権法により保護されております。個人的な利用以外の目的に使用すること等は禁止されていますのでご注意ください。

参考文献
  1. Breslau J, et al. Preventive Medicine. Published online December 31, 2020. doi: 10.1016/j.ypmed.2020.106362
Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country