早ければ早いほどよい:精神病の早期発見と早期介入

欧州(および世界中)で、精神病患者の早期発見・早期介入サービスが様々な開発段階にあります1。EPA 2020(第28回欧州精神医学会、2020年7月4日~7日、バーチャル形式)の本セッションでは、各国のスピーカーが、それぞれの国のサービスやこれまでに培ってきた専門知識、そして現在直面している課題について議論しました。

フランスにおけるサービス

患者が疾患経過の早期にサービスを受けられるように、精神病に関する偏見をなくす努力が必要である

Vincent Laprevote博士は、フランスにおける早期発見・早期介入(ED/EI)サービスの開発について論じました。対象集団は、精神病発症危険状態(ARMS)、または初回エピソード精神病(FEP)を経験している若年患者です。患者は7日以内に入院し、神経心理学者、精神科医、および症例管理者による迅速評価を受けます。このプログラムでは、2~5年間の集中的な症例管理が行われます。ケアプランは治療教育(心理情報)に基づいており、必要に応じて、ストレス管理のための認知行動療法(CBT)およびマインドフルネス、メタ認知トレーニング、ならびに認知機能リハビリテーションや薬物療法プログラムを併用します。フランス国内での課題は、開発中のED/EIサービスの一貫性を確保し、これらのサービスが新たな国際基準に適合するようにすることです。患者が疾患経過の早期にこれらのサービスを受けられるように、精神病に関する偏見を取り払う努力も必要とされています。

チェコ共和国における適切な患者のターゲット設定

早期発見および介入サービスへの「早期の連絡」が望ましい

チェコ共和国のPetr Winkler博士は、患者がこれらのサービスを確実に受けられるようにするための手法に取り組んでいます。チェコ共和国で実施されているプロジェクトVIZDOMは、重度の精神疾患への早期介入に向けた4年間の取り組みです2。早期発見戦略には、関連する利害関係者(保健・社会福祉サービス、教育システム、地域の当局)に対して、このシステムが利用可能で、このシステムにより誰が恩恵を受けるかを周知することが含まれています。また、気軽で、偏見の少ない方法で患者がシステムに入れるように、オンラインで利用可能な自己診断ツールも提供しています。さらに、早期発見に関するリーフレットが広く配布されており、サービスへのアクセスは「早ければ早いほどよい」ということを重要なメッセージとして伝えています。他のサービスと同様に、紹介後に患者を迅速に評価し、その転帰を6カ月毎に評価します。

エストニアにおけるサービスの柔軟性

可能な限り早期に患者の家族を治療プロセスに参加させる

Karola Peebo氏が論じているように、エストニアでは早期介入(EI)システムが20年間実施されてきました。このプログラムの中核は、薬理学的および心理療法的介入です。また、集学的チームが治療プロセスのできるだけ早い段階で患者の家族を巻き込みます。リハビリテーションには、支援グループ、職業に基づくプログラム、および専門的な支援付き自立生活ユニットの提供が含まれます。このサービスは、個々のニーズに基づいて柔軟に提供期間を設定できます。しかし、これにより、同センターは時間の経過とともにますます多くの症例に対処しなければならなくなっています。この課題に対処するため、患者のシステム利用期間が長くなる場合は、治療開始時に担当する精神科医から、精神保健看護師および作業療法士に症例管理が受け渡されます。

 

Our correspondent’s highlights from the symposium are meant as a fair representation of the scientific content presented. The views and opinions expressed on this page do not necessarily reflect those of Lundbeck.

参考文献
  1. Kotlicka-Antczak M, et al. Early Intervention in Psychiatry, 17 Feb 2020, DOI: 10.1111/eip.12950 PMID: 32067369.
  2. www.vizdom.cz(2020年7月31日閲覧)
Progress in Mind次のウェブサイトに移動します
Hello
Please confirm your email
We have just sent you an email, with a confirmation link.
Before you can gain full access - you need to confirm your email.
このサイトの情報は、医療関係者のみを対象に提供されています。
Congress
Register for access to Progress in Mind in your country